忍者ブログ

[PR]

2018-11-13 14:24

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

豊胸手術にも種類がある

2013-11-30 01:01

女性にとってバストの悩みは、結構深刻な問題なのですね。サプリメントやバストアップにいいという名前の方法を試してみたけど、あまり思った効果が得られず悩みに悩んだ挙句、豊胸手術を決断やる方も中にはいらっしゃいます。豊胸手術にも色々な種類があるものですが、今、主におこなわれているのは、「プロテーゼ挿入法」、「脂肪注入法」、「ヒアルロン酸(角膜移植術などの眼の手術の際に、補助剤として使われることもあるそうです)注入法」の三つです。

「プロテーゼ挿入法」とは、脇の下などのあまり人の目につかないような部分をメスで切開し、そこにバッグ(女性にとってはいくつあってもほしくなるもののようです)を挿入するという方法です。バッグの大きさや挿入する位置などは個人の体型や希望の仕上がりのおおきさ、感触等により変えることも可能になります。この手術で1カップから5カップ程度のバストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)が可能で、半永久的に効果が持続する事が可能なとも言われていますね。

「脂肪(注入法」とは、自分自身の脂肪をバスト(大きさ、形が気にならないという女性はまずいないのではないでしょうか)に注入するという方法です。自らの体内にあった脂肪を取りだして、その脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)を自分自身に注入する訳ですから、異物反応を起こす可能性がとても低く、安全な方法だと考えられています。お腹や太ももなどの気になる部分の脂肪を注入すれば、その部分の脂肪は減らすことが出来るので、一石二鳥な感じもしますね。脂肪注入法では、1カップから2カップほどしかサイズアップすることができないため、大幅にサイズアップしたいという方には不向きだと思います。ただ、最近では技術が進歩して大幅なサイズアップを図ることも可能になりつつあるようです。

「ヒアルロン酸(保水力に優れている成分なので、美肌効果を期待して化粧品などに配合されていることが多いです)注入法」は、皆さんよく知っている方法なのではないでしょうか?ヒアルロン酸(人体にも存在しているムコ多糖類の一種で、乳酸菌などからも生産できるそうです)は人間と相性の良い組織液と言われているので、安全性は高いになりますよ。ヒアルロン酸(豊胸手術や鼻を高くしたり、シワを除去する整形手術などでも使われています)注入法は切開などんな手術を行う必要はなく、注射器を使ってバスト(好きだという男性は多いもの。

大きいとつい女性でも目がいってしまう方は多いのでは)へヒアルロン酸を注入するという簡単な方法になります。約20分度で終わってしまう簡単な方法ではあるのですが、効果は2年から3年程度と他の豊胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)手術と違い持続期間が短いです。しかし、追加で注入する事は出来る為、手術するというのは怖いけれどバストアップしたいと悩んでいる方やなかなか仕事などで時間が取れないという忙しい方にはお勧めの方法と思います。

http://choumon.hujibakama.com/
PR

大きくするのに大切な栄養素

2013-11-28 02:55

女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)のバストアップには、「エストロゲン」や「プロゲステロン」と言った女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモンとゲスターゲン・黄体ホルモンの二種類あります)が深く関係しています。特にエストロゲン(女性らしさを作り、美肌効果があります)は、女性ならではの丸みなど女性らしさを一番形成するホルモンと言われているのです。

しかし、この二つのホルモンはハードな運動や強くストレスを感じることにより、分泌されにくくなったりすることがあり、バストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)に影響を与えることも少なくないのです。と言って、現代社会の中でストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を感じる事なく規則正しい生活を送るのはとても難しいことだと思います。

そこで、食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)や栄養素でバストアップ(大きなサイズのバストを好む男性が多いのは本能なのでしょうか)をサポートしてあげるというのはどうでしょうか?

バストアップ(以前は効果がほとんどないインチキなバストアップグッズも多かったものですが、最近ではそれなりに効果が期待できるものが増えてきたみたいですね)に欠かせない栄養素はアミノ酸で、人間の体の細胞やホルモンの形成に絶対に必要な栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)です。

アミノ酸(タンパク質を構成している最小の大きさの成分になります)の他にも必要な栄養素としては、「ビタミン群」があげられます。ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)A・ビタミンE・ビタミンB・ビタミンB6・ビタミンB12は、お肌のハリを出してくれる作用がある為、バストアップにも効果が期待できるのです。これらの栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)を積極的に良いバランスで摂取することでバストアップを図れるのではないでしょうか。

また、食事でバストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)を図りたいとお考えであれば、大豆などといった豆類の摂取をオススメします。豆類には上記であげた女性ホルモンに働きかけるイソフラボンという成分を含有した為、こちらも積極的に摂取してみて下さい。少し意外なところでは、キャベツもバストアップにいいと言われています。

キャベツにはボロン(バストアップ効果だけでなく、骨粗鬆症の予防にも効果的だと考えられています)という成分が含まれており、実際にバストアップ効果を有するという人もいるので、毎日できるだけキャベツを食べてみるのもいいかもしれませんね。

http://greenhouse.hanagasumi.net/

豊胸手術の料金

2013-11-27 09:54

豊胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)手術を考えている方にとって、最も気になるポイントは手術にかかる料金ではないでしょうか。豊胸手術は美容整形と同じ扱いになりますから、残念なことには健康保険適用外の施術となってしまいます。保険適用外という面をプラスに考えると、クリニックによって豊胸手術の金額が変わってくるため、一番安価でて腕がいいと言われているクリニックを見つければいいということなのですね。

そうはいっても、実際の所は、現在のバストの状態・豊胸(昔から心はここにあると考えられてきました)手術の方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)・希望のバスト(大きさ、形が気にならないという女性はまずいないのではないでしょうか)などによって、その料金には個人差が出てきてしまうものです。そのため、単純に比較することは難しいですし、一概にこれだけの金額が掛かるでしょうともいえないでしょう。

でも、おおよその目安となる料金を知るのみでも参考にはなるでしょう。例えば、持続期間が半永久的で、安全性も高いといわれる「プロテーゼ挿入法」という方法があります。これは脇の下の目立たないシワ部分を切開してバックを入れる方法なのですが、本格的な豊胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)手術になるので、平均的に見ても約70~100万円程度の手術出費がかかるといわれているのです。

さらに、中に挿入するバックがシリコンだったりすると、ますます金額は高まると思います。異物反応などがあまり見られず安全だと言われている「脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)注入法」ですと、自分自身の体の脂肪吸引を行ってその脂肪をまた自らの体内に注入する訳ですから、吸引と注入の費用がかかってきます。どちらも平均で30~40万円程度の費用が掛かるので、合わせて60~80万円程度かかると見ておいた方がいいでしょう。

上記の二つの手術よりもすぐにでも出来るのが、「ヒアルロン酸(保湿、弾力の維持、摩擦の軽減などの働きがあります)注入法」です。これは注射器でヒアルロン酸を注入するという方法なので、費用は約45万円程度で済みます。他のふたつと比べたら金額的に安く感じてしまうかもしれませんが、この方法なのですと持続期間が約2~3年と言われている為持続期間が短いです。

胸を揉むと大きくなるってほんと?

2013-11-27 09:49

多くの女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)がバストアップについて悩みを抱えていると思います。バストアップ(以前は効果がほとんどないインチキなバストアップグッズも多かったものですが、最近ではそれなりに効果が期待できるものが増えてきたみたいですね)方法は様々あるのですが、ネットなどを検索するとバストアップさせるには「胸を揉むと大きくなる」と書かれていたりもしますよね。実際はといえねはどうでしょうか?

実は、揉むと大きくなると言う噂が勝手に広がっただけで、揉むのはむしろ逆効果なんだそうです。そもそも、揉んで大きくなるのであれば、最近話題になっているようなサプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)やエステ(基本的に、高額な費用がかかります。契約の前には実際にお試し体験をした上で、慎重に判断した方がいいでしょう)、ましてや豊胸(昔から心はここにあると考えられてきました)手術をする必要だってない訳ですよね。

あなたは胸は脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)で出来ているという事をご存知だったでしょうか?

痩身エステなどでは、「脂肪を揉みほぐしてサイズダウン」などと書かれてあるのですが、胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)も同じ脂肪ですので、揉んでしまうと脂肪が燃焼されて小さくなってしまうみたいです。揉むのではなく、正しい方法でバストをマッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)してあげることにより、バストアップ(サプリメントや栄養素などを効果的に取り入れるといいでしょう)をはかることができるでしょう。

当り前ですが、このマッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)をしたらどのような人でもサイズアップするという訳ではないのですが、バストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)で悩まれる方がいらっしゃれば是非一度試してみて下さいね。マッサージ(血液の循環やリンパの流れが改善されます)の際に気をつけていただきたいのが、決して手の平で揉むようなことはせずに、指先のみを使うということです。

バスト周辺にはツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)やリンパが集中しているので、指先でそのツボやリンパを刺激して上げる事が大事なのです。刺激する時も、マッサージと言うよりは「さする」ような感じそうです。下から上へ外側から内側にむかって、血流を流しあげるような感じをイメージするといいですね。

http://konkatsu40.net/category0007/contents0001.html

カテゴリー

P R