忍者ブログ

[PR]

2018-07-19 08:48

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

豊胸手術にも種類がある

2013-11-30 01:01

女性にとってバストの悩みは、結構深刻な問題なのですね。サプリメントやバストアップにいいという名前の方法を試してみたけど、あまり思った効果が得られず悩みに悩んだ挙句、豊胸手術を決断やる方も中にはいらっしゃいます。豊胸手術にも色々な種類があるものですが、今、主におこなわれているのは、「プロテーゼ挿入法」、「脂肪注入法」、「ヒアルロン酸(角膜移植術などの眼の手術の際に、補助剤として使われることもあるそうです)注入法」の三つです。

「プロテーゼ挿入法」とは、脇の下などのあまり人の目につかないような部分をメスで切開し、そこにバッグ(女性にとってはいくつあってもほしくなるもののようです)を挿入するという方法です。バッグの大きさや挿入する位置などは個人の体型や希望の仕上がりのおおきさ、感触等により変えることも可能になります。この手術で1カップから5カップ程度のバストアップ(バストにはコンプレックスを抱く女性が多いものです)が可能で、半永久的に効果が持続する事が可能なとも言われていますね。

「脂肪(注入法」とは、自分自身の脂肪をバスト(大きさ、形が気にならないという女性はまずいないのではないでしょうか)に注入するという方法です。自らの体内にあった脂肪を取りだして、その脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)を自分自身に注入する訳ですから、異物反応を起こす可能性がとても低く、安全な方法だと考えられています。お腹や太ももなどの気になる部分の脂肪を注入すれば、その部分の脂肪は減らすことが出来るので、一石二鳥な感じもしますね。脂肪注入法では、1カップから2カップほどしかサイズアップすることができないため、大幅にサイズアップしたいという方には不向きだと思います。ただ、最近では技術が進歩して大幅なサイズアップを図ることも可能になりつつあるようです。

「ヒアルロン酸(保水力に優れている成分なので、美肌効果を期待して化粧品などに配合されていることが多いです)注入法」は、皆さんよく知っている方法なのではないでしょうか?ヒアルロン酸(人体にも存在しているムコ多糖類の一種で、乳酸菌などからも生産できるそうです)は人間と相性の良い組織液と言われているので、安全性は高いになりますよ。ヒアルロン酸(豊胸手術や鼻を高くしたり、シワを除去する整形手術などでも使われています)注入法は切開などんな手術を行う必要はなく、注射器を使ってバスト(好きだという男性は多いもの。

大きいとつい女性でも目がいってしまう方は多いのでは)へヒアルロン酸を注入するという簡単な方法になります。約20分度で終わってしまう簡単な方法ではあるのですが、効果は2年から3年程度と他の豊胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)手術と違い持続期間が短いです。しかし、追加で注入する事は出来る為、手術するというのは怖いけれどバストアップしたいと悩んでいる方やなかなか仕事などで時間が取れないという忙しい方にはお勧めの方法と思います。

http://choumon.hujibakama.com/
PR

カテゴリー

P R